ごあいさつ

大阪城天守閣は昭和天皇の即位御大典記念事業として、全額大阪市民の寄付金により復興され、昭和六年(一九三一)十一月に開館し、令和三年(二〇二一)十一月七日で九十周年を迎えます。 昭和六年といえば、満州事変の起きた年で、以降、日本は太平洋戦争への道をまっしぐらに突き進んでいきました。 戦争の激化にともない、大阪城天守閣は、昭和十七年九月二十五日に休館となり、やがて陸軍に接収されて昭和二十年八月十五日の終戦を迎えました。この間、大阪城は大阪陸軍造兵廠(大阪砲兵工廠)が隣接して立地していたため、度重なる米軍の空襲にさらされ、伏見櫓・京橋門・京橋口多聞櫓・坤(ひつじさる)櫓・二番櫓・三番櫓など、いくつもの貴重な歴史的建造物が消失しましたが、復興天守閣については、幸い被災を免れました。 戦後、大阪城天守閣は進駐軍(GHQ)に接収されたものの、昭和二十三年八月二十五日に大阪市へ返還され、翌年七月二十日には一般公開が再開されました。 以来、大阪城天守閣は、①豊臣時代歴史資料、②大阪郷土資料、③武器・武具参考資料、④城郭参考資料の四つの分野で、資料の収集・調査・研究に努め、今日まで多くの特別展・テーマ展を開催し、昭和三十年十二月二十八日に「博物館相当施設」、平成八年十二月六日には国宝・重要文化財等の「公開承認施設」に指定されました。 平成七年から九年にかけて実施した「平成の大改修」では、化粧直し、耐震補強工事とともに、鉄筋コンクリート製建造物の延命工事も行い、面目を一新するとともに、平成九年九月三日には優れた近代建築として評価され、国土の歴史的景観に寄与する建造物との事由で、国の登録文化財ともなりました。このように、大阪城天守閣は建物としても、博物館施設としても、高い評価を得て、こんにちに至っています。 昨年末のコロナ禍で、大阪城天守閣も休館を余儀なくされるなど、厳しい状況が続いておりますが、九十周年を迎えるにこの機会に、幾多の苦難を乗り越えてきた大阪城天守閣の歴史を振り返るとともに、コロナ関連の暗い話題が続く中だからこそ、多くの方々と九十周年をともに祝い、明るい話題を提供して、百周年に向け、新たな第一歩を踏み出したいと思います。

大阪城天守閣
九十年の歴史

主催事業

  • 豊国踊りと河内音頭~大阪城物語~
    2021.8.21(土)18:00~19:30
    イベント
  • 「登閣符」及び「登閣符」入り復興90周年記念セット
    2021年8月1日(日)~2022年11月6日(日)
    グッズ販売
  • 「記念符」及び「記念符」入り復興90周年記念セット
    2021年8月1日(日)~2022年11月6日(日)
    グッズ販売

参加事業

  • 大阪城天守閣復興90種年×KKRホテル大阪30周年 特別記念:大阪城天守閣チケット付き2食付宿泊プラン
    2021.10.1 ~ 2021.11.6
    その他
  • 大阪城天守閣復興90周年スペシャルコース
    2021.9. ~ 2021.11
    グルメ
  • 豊臣秀吉が演じた能「のふの事」
    2021.8 ~ 2021.12
    イベント
  • 京阪沿線 ぶらり歴史びと ~日本の産業振興を支えた先人たち~
    2021.11 ~ 2021.12
    イベント
  • 楽しく学ぼう!大阪城
    2021.7.31(土)、8.1(日)
    イベント

復興九十周年
記念事業募集

大阪城天守閣復興九十周年を
一緒に盛り上げましょう!