3階と4階の企画展示のご紹介

3階と4階で行われている企画展示をご紹介します。

 

3階の展示では、「おおさか」(大坂・大阪)という地名に注目します。歴史の舞台に「おおさか」が現れたのはいつごろ? 豊臣秀吉をはじめとする天下人や、この時代を生きた武将たちはどのように「おおさか」とかかわり「おおさか」を語ったのか? 昔の人たちは「坂」と「阪」のどちらを多用した? 欧文で「おおさか」はどう書かれたのか? こうした問いへのヒントが展示の中に隠れています! 

 

4階の展示では、「変わり兜」に注目しています。

戦国武将たちは、それまでにないユニークな意匠をほどこした「変わり兜」を着用して、見る者を圧倒し、また魅了しました。彼らは奇抜な造形や精巧な装飾によって何を表現し、そこにどんな思いを託したのでしょうか。本展では大阪城天守閣の収蔵品を選りすぐり、戦場をいろどった多種多様な変わり兜の世界を紹介します。

 

3階企画展示「大坂、大阪、『おおさか』」2019年11月19日(火)~2020年1月22日(水)

4階企画展示「変わり兜と武者の美学」2019年11月20日(水)~2020年1月23日(木)

 

 菖蒲脇立付烏帽子形兜

菖蒲脇立付烏帽子形兜(大阪城天守閣蔵)

 

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP