少しずつ改良中。 その2

 

前回の「今週の大阪城」に引き続き、天守閣の臨時休館中に変化したことをご紹介します。

 

天守閣館内では、このたびサイン(案内板)がリニューアルしました。

今まで使用していたサインは、平成7年から9年にかけて行われた「平成の大改修」の時に設置されたもので、ほとんどのサインは、かれこれ20年以上使用していたもの。

これまでも何度かリニューアルをしたいという声があがることはあったものの、サインの数が膨大で、また外国語対応のための翻訳など煩雑な作業が絡むため、一斉リニューアルは実現できていませんでしたが、今回実施した担当者が2年半がかりで粘り強く取り組み、ついにリニューアルに至りました。

 

before 以前の天守閣サイン。        After リニューアル後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

before

情報が古かったり、外国語対応が英語のみだったりと、現状と合わなくなっていました。

後から追加することになったご案内は、とにかくパウチで掲示物を作っては貼り、作っては貼りを繰り返し…。耐久性も統一感もなく雑然とした印象でした。

 

After

主に黒・白・金色(っぽい黄土色)でイメージカラーを統一し、どちらにも英語・韓国語・中国繁体字・中国簡体字が入りました。

 

20年の間に年間入館者数は倍増、もともと大勢お越しいただいていた外国の方はさらに増え、大阪城天守閣をとりまく環境も大きく変わりました。

新型コロナウイルスの影響で、思いがけずさらなる激変に見舞われることになりましたが、今回のサインのリニューアルが、お客様のスムーズな観覧の一助となればと思っています。

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP