富士御神火文黒黄羅紗陣羽織を展示します

某テレビ番組のアニメーションで注目され、電話でも度々お問い合わせをいただく「富士御神火文黒黄羅紗陣羽織(ふじごしんかもんくろきらしゃじんばおり」を約2年ぶりに大阪城天守閣で展示します。

 

富士御神火文黒黄羅紗陣羽織_後

 

豊臣秀吉所用と伝わるこの陣羽織は、黒地に黄色い富士を配した大胆なデザインで、袖口と襟には西洋風のフリルをあしらっています。黒と黄の生地はヨーロッパ製の羅紗で、モチーフの富士山は古くから信仰の対象として武将の武具に用いられています。 

日本と西洋の文化をすんなりと融合できる感覚は、この時代から存在したのですね。

 

5月22日(水)から7月17日(水)の期間、3階で展示していますので、ぜひこの機会に貴重な文化財をご自身の目でお確かめください! 

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP