天守閣入口前に「伏虎」のパネルが登場!

令和4年の干支「寅」にちなみ、12月20日から1月31日まで、天守閣改札前に「伏虎(ふくこ)」のパネルを設置します。

 

一緒に写真撮影ができますので、ご来館の際はぜひ記念の1枚をお撮りください!

天守閣は12月28日~1月1日まで休館しますが、その間もパネルの設置は行いますので、写真撮影可能です。

 

NHK様にも取材していただき、お昼のニュースで放送されました。

WEBニュースでもご覧いただけます→大阪城天守閣の虎レリーフ パネルで再現 入り口に設置|NHK 関西のニュース

 

この「伏虎」は、天守閣最上層高欄下の外壁にあしらわれた虎のレリーフを写真パネルにしたもので、壁面のレリーフは、東西南北4面にそれぞれ2頭ずつ、合計8頭配されています。

今回パネル化した伏虎は、東面右側の1頭を写したものです。天守閣2階にはこの伏虎のレプリカを展示していますので、大きさを体感していただくことができます。(パネルの伏虎はレプリカより若干小さ目です)

こちらが2階のレプリカ。写真撮影できますよ!

 

 

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP