夏の展示と企画展示を開催中

現在、3階で実施している夏の展示「戦国の群像」において、真田幸村の自筆書状を特別公開しています。

大坂の陣で豊臣方として活躍した真田信繁(幸村)は関ケ原合戦後、大坂城に入るまで紀州九度山で幽閉生活を送っていました。本品は信繁が義兄の小山田茂誠(おやまだしげまさ)に宛てた九度山時代末期の書状です。幽閉10年以上、40代半ばとなった信繁は、新春の祝儀に鮭を贈られたことを喜び、気遣いに感謝するとともに、「歯も抜け髭も白くなった」「もう会えないかもしれない」などと、老い衰えゆく心細さを訴えています。

 

また、4階では「描かれた城郭」と題して、城郭ファンの期待に応えるべく、秀吉が築いた大坂城・聚楽第・伏見城をはじめ、各地の城郭を描いた屏風絵・額絵・錦絵・縄張図・城下図・名所図会などを展示しています。

3階は10月9日(水)まで、4階は10月10日(木)まで。

涼しくなってからお越しいただいてもまだ間に合います。

みなさまのお越しをお待ちしております!!

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP