令和最初のお正月も「ちょろけん」とともに

令和最初のお正月も、大阪城天守閣のお正月の顔としておなじみの「ちょろけん」が登場します。また、豊来家一門による大神楽もおこないます。

 

「ちょろけん」とは、江戸時代、大坂や京都で行われていた門付芸(かどづけげい)のひとつで、(門付芸とは家々をめぐって披露された芸能のこと)昭和の初めに復活し、その頃撮影された古写真をもとに、大阪城天守閣が平成26年に復活させました。

 

大神楽は獅子舞や放下芸(曲芸)で構成される神事芸能で、水戸大神楽の系譜を引く豊来家一門は、平成28年度文化庁芸術祭の優秀賞を受賞しました。

 

また、イベントをご覧になった方に、「春夏冬二升五合大阪城(あきないますますはんじょうだいはんじょう)」の御札を差し上げます。

 

令和最初のお正月は皆様お誘い合わせのうえ、大阪城天守閣で楽しい時間をお過ごしください!

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP