リレーフォーラム、第1回のご報告。

6月16日(土)、京阪電車中之島線なにわ橋駅の地下1階にあるアートエリアB1においてリレーフォーラム「アートエリアB1カルチャーカフェ」が開催されました。

リレーフォーラム「アートエリアB1カルチャーカフェ」は、「幕末・維新150年」をテーマに京阪ホールディングス株式会社と大阪城天守閣が共同で実施するフォーラムで、全5回を予定しています。第1回目の今回は、トップバッターとして大阪城天守閣の宮本研究副主幹が講演を行い、100名を超える方々にご参加いただきました。

 

 CIMG2231

 

 

                       

 

 会場となった「アートエリアB1」は駅のコンコースにあり、誰もがふらりと立ち寄れるオープンな文化・芸術スペースです。展示も可能、講演も可能というその姿は変幻自在で、今回のフォーラムの様子を通路側から見るとこのような感じに。

 

 

 

幕末政治の舞台だった「京」と「坂」は、徳川幕府の14代将軍家茂・15代将軍慶喜、そして明治天皇が船や駕籠・馬を使って往来していましたが、まさに将軍や天皇が通った「京」と「坂」をつなぐ京街道に沿ってはしる電車が京阪電車です。今後は沿線地域である京都・枚方・門真の市の職員や学芸員の方に、各地域の幕末・維新についてお話いただく予定です。第2回目以降も乞うご期待、ぜひご参加くださいませ。

 

詳しくはコチラ↓ 

https://www.keihan.co.jp/group/recommend/detail/

20180612_1042.html

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP