「駆け上がれ!秀吉~大阪城の秋まつり2020~」 3日目

早いものでいよいよ最終日となりました。

1番目の演目は、はるばる福岡県みやま市からお越しいただいた、幸若舞保存会による「幸若舞」です。

幸若舞は室町時代に流行した「曲舞」(くせまい)と呼ばれる芸能の一種で、豊臣秀吉などの武将に好まれました。

本日は、織田信長が実際に舞ったといわれる「敦盛」(あつもり)を、大変厳かに演じていただきました。

 

 

 

 

 

2番目の演目は、長浜市旧浅井町の鍛冶屋集落に伝承されてきた「鍛冶屋太閤踊り」です。

この村に槍を注文し、戦いに勝利した秀吉から恩賞を得た村人たちが、喜びを表現して始めた踊りと伝えられています。

 

 

 

 

 

これにて、「駆け上がれ!秀吉~大阪城の秋まつり2020~」は終了となります。

コロナ禍の中での開催となりましたが、無事に3日間執り行うことができました。

お越しくださった皆様、ありがとうございました!

 

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP