3階 夏の展示 「桃山の明暗」 

天下統一の時代に花開いた桃山文化――。黄金に輝く屏風絵など、絢爛で明るい気風をたたえるいっぽう、“わび茶”のように、華美な装飾を排したミニマル・アートも盛行しました。

この時代、戦乱がおさまり世は平和を謳歌するいっぽう、多くの人が対外戦争に動員され、農民たちは重い負担に苦しみました。

本展では桃山文化の多面性、天下統一の時代の光と影を見つめます。

 

◆主な展示品

・重要文化財 南蛮屏風(上陸したカピタン一行部分)

南蛮屏風

 

・蜻蛉燕文様陣羽織(伝 豊臣秀吉所用)

蜻蛉燕文様陣羽織 (伝 豊臣秀吉所用)

開催日時 平成28年7月22日(金)~10月5日(水)
開催場所 大阪城天守閣 3階展示室

ページTOP