4階「信長・秀吉・家康が見た大坂」

 群雄割拠の天下を統一する道筋をつけた織田信長と、それを達成した豊臣秀吉、その天下を継承した徳川家康。彼らにとって大坂は重要な意味を持つ場所でした。大阪城天守閣の収蔵する数々の歴史資料を通し、当時の大坂がいかなる姿をしていたのか、その大坂に対し3人の天下人がどのように働きかけたのかをさぐってみましょう。

 

◆主な企画展示

・大坂城図屏風

 

 

・石山合戦配陣図

開催日時 令和3年3月20日(土・祝)~5月31日(月)
開催場所 大阪城天守閣 4階展示室

ページTOP