3階 夏の展示「慶長クロニクル〈1596-1615〉~波乱の20年~」

 文禄5年(1596)、秀吉自慢の伏見城を崩壊させる大地震が発生。これをきっかけに年号が「慶長」に改められました。大地震のあとにも慶長の役開戦、秀吉の死去、関ヶ原合戦、さらには大坂の陣と、大きな事件がつぎつぎと起こります。慶長の20年間は、まさしく波乱の世でした。本展では、この慶長期の歴史と文化に光をあてます。

 

◆主な展示品

・秀吉の言葉を家臣に伝える石田三成自筆書状

 

 

開催日時 令和3年7月30日(金)~10月6日(水)
開催場所 大阪城天守閣 3階展示室

ページTOP