大阪城天守閣


「豊臣史ブランニューデイ」 ―“大坂の陣【読本】1.5”ができました

 

昨年9月に発行し、大好評をいただきました“大坂の陣【読本】”。皆さんに喜んでいただいたと確信し、なんと第2弾の発行を決定いたしました。

こちらは、今年の11月に発行予定となっております。

と言っても、世の中刺激的なことばかり。読本のことなんてきっと忘れられてしまう・・・。そこで、第2弾をお待ちいただく間のこの夏に、おまけのように【読本】1.5を作りました。

天守閣内のほか、全国のいくつかのお城や博物館・美術館にも設置していただくようにお願いしていますので、もしかしたらあなたのおうちの近くにもあるかもしれません。ぜひ手にしていただき、11月には、第2弾をゲットしに、大阪城天守閣にお越しください。

(第1弾【読本】は配布を終了しております。ご了承ください。)

IMG_7226

 

第1弾より小さくて、おまけのような・・・とは言いつつも、この1.5、内容はわりと充実しているのではないかと自負しております。

読本の原稿は、忙しい学芸員さんを追いかけてチェックしてもらいます。

今回はいきなり真っ赤っ赤のNGでした。

「この説はもう古いねん・・・。」

なんと近年の研究で、『大坂の陣』直前の豊臣氏と徳川氏の関係や当時の情勢などは、新しい事実が次々と判明しているにも関わらず、はじめの原稿は従来の説をもとに書いていたのでした。

「イイクニ作ろう鎌倉幕府」はもう違うんだとか、歴史がこのごろ変わってきているっていうのは聞いていましたけど、もう年号を覚える必要もないし関係ないわーと思っていたのに、まさかこんなところでぶちあたるとは。

真っ赤っ赤の原稿を前に、マンツーマンで講義が始まりました。

 

あー、めっちゃ勉強した。

というわけで、書いた本人も「へええ」って新鮮に思いながら書いた原稿です。

まあ新しい事実を知らなかったことが問題なんですけど。

IMG_7227

さて、11月の第2弾は『大坂冬の陣』をメインとした内容となります。「冬の陣、開戦前夜」と称して、3つの出来事を紹介した1.5を読みながら、11月を楽しみにお待ちいただけたら、と思っております。

第2弾も、よろしくお願いいたします。

←今週の大阪城一覧に戻る

ページTOP