大阪城天守閣


大坂の陣400年プロジェクトとは

慶長3 年(1598) 8 月18 日に豊臣秀吉が亡くなると、豊臣政権内部の対立が激化し、慶長5 年9 月15 日には関ヶ原合戦が起こり、徳川家康率いる東軍と石田三成ら西軍が激突。この合戦に勝利した徳川家康は慶長8 年2 月12 日に征夷大将軍に任ぜられ、江戸に幕府を開きます。けれども大坂城には秀吉の遺児豊臣秀頼が母淀殿とともに未だ健在で、徳川家を凌ぐ権威を保持したまま君臨していました。この豊臣家と徳川家という二大権力の最終決着戦となり、戦国時代最後の大合戦となったのが「大坂の陣」で、慶長19 年10 月~ 12 月には「大坂冬の陣」、翌20 年5 月には「大坂夏の陣」が起こり、慶長20 年5 月7 日に大坂城は落城し、翌8 日に秀頼・淀殿が自害して豊臣家は滅亡しました。
来る平成26 年は「大坂冬の陣」から400 年、翌27 年は「大坂夏の陣」から400 年という節目を迎えることから、大阪城天守閣ではこの両年を「大坂の陣400 年」イヤーと位置付け、展覧会をはじめとするさまざまな事業を通じて、秀吉没後の豊臣家や「大坂の陣」について理解を深める機会にするとともに、多くの方々に大阪城、さらには大阪市内・府下各所に存在する大坂の陣ゆかりの地へと足をお運びいただき、広く大阪の歴史や魅力に触れていただく機会にしたいとも思っています。

※「大坂の陣」に関する出来事が起こった日について・・・明治5年12月3日(旧暦)を明治6年1月1日(新暦)とする太陽暦への改暦以前については、旧暦のままの日付で記載しています。また、日付には諸説あるものも含まれています。

大阪城天守閣

第3弾ポスター「慶長二十年 夏の陣」を発表、販売します!
―真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由―

大阪城天守閣では、この度「大坂の陣400年」を周知するポスター「慶長二十年 夏の陣」を製作し、平成27年5月1日(金)から大阪市内の美術館・博物館や大阪市営地下鉄、私鉄主要駅などに順次掲出します。また、同じデザインの販売用ポスターを、平成27年5月1日(金)から大阪城天守閣1階ミュージアムショップで販売します。
「大坂の陣400年」を周知するポスターは、冬の陣・夏の陣が起こった季節に合わせて大坂の陣シリーズとして製作しており、今回の「慶長二十年 夏の陣」は、平成26年5月に発表した「大坂の陣 開戦前夜」(第1弾)、平成26年11月に発表した「慶長十九年 冬の陣」(第2弾)に続く第3弾で、シリーズの最終版です。
大坂夏の陣からちょうど400年という、もっとも重要な時期にこのポスターを発表することで、より多くの方に「大坂の陣400年」を知っていただき、記念の年を一緒に盛り上げていただきたいと考えています。

大阪冬の陣

名称 「慶長二十年 夏の陣」
サイズ 広報用
B1(背景白)、B2(背景白/背景金)
タイトル
「慶長二十年 夏の陣」について
鹿角兜を身に着け敵陣を目指す真田幸村、手にする采配の先には徳川家康。大坂夏の陣・天王寺口の戦いの一場面を描いたものです。
豊臣方は真田幸村・毛利勝永・大野治長らが、徳川方は総大将・徳川家康のもと、本多忠朝・松平忠直らが陣を構えた天王寺口。 慶長20年(1615)5月7日、この地で豊臣と徳川の最終決戦の火ぶたは切られました。
「狙うは家康の首ひとつ」―。幸村率いる真田隊は、15万とも20万ともいわれる大軍を率いる総大将・家康の本陣に3度にわたって突撃を繰り返し、家康本陣の象徴である金扇の馬印を倒して家康をあと一歩のところまで追い込みました。
この時の幸村の様子を、薩摩藩主・島津家久(忠恒)が「真田(さなだ)日本一(ひのもといち)の兵(つわもの)、古(いにしえ)よりの物語(ものがたり)にもこれなき由(よし)」と手紙に記しています。「これほどの活躍は古今(ここん)の物語にも記されていない。真田幸村は日本一の武士である」と、徳川方の武将にも絶賛されるほど勇猛果敢な戦いぶりだったのです。―『薩藩舊記(さっぱんきゅうき)』後集三十二より―
一、五月七日ニ御所様之御陣へ、真田左衛門仕かゝり候て、御陣衆追ちらし討捕申候、御陣衆三里ほどつゝにけ候衆ハ、皆々いきのこられ候、三度めニさなたもうち死ニて候、真田日本一之兵、いにしへよりの物語ニも無之由、惣別これのミ申事ニ候、

慶長20年夏の陣

製作 (1)アートディレクション・デザイン
シルシ(SHIRUSHI DESIGN FACTORY)
http://www.shirushi-design.com/
(2)メインビジュアル(イラスト)
茂本ヒデキチ氏(墨絵アーティスト)
http://www.hidekichi.com/
(3)印刷
岡村印刷工業株式会社(OKAMURA PRINTING INDUSTRIES CO.,LTD.)
http://www.okamura-pic.co.jp/
掲出場所 大阪市立の美術館・博物館、大阪市営地下鉄・私鉄主要駅、ほか(予定)

ポスター販売概要

当初広報用ポスターのみを製作していましたが、天守閣館内に掲出しているポスターをご覧になったお客様から「来城の記念にしたいので譲ってほしい」という問い合わせが相次ぎました。そういった声にお応えし、広報用と同じデザインの販売用ポスターを用意しました。平成26年11月から販売し、好評をいただいている第1弾・第2弾ポスターに続き、第3弾ポスターの販売を開始します。

慶長20年夏の陣

販売開始日 平成27年5月1日(金)
販売場所 大阪城天守閣1階ミュージアムショップ ※通信販売や発送は行わず、店頭販売のみとなります。
ご入館に際し別途入館料がかかります。
入館料:大人600円
※中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料
販売価格 1枚800円(税込)
サイズ B2のみ
販売枚数 第3弾「慶長二十年 夏の陣」… 1,000枚(背景白400枚・背景金600枚)
デザイン 第3弾の広報用ポスターと同絵柄で「開館時間・入館料案内」の文言を除いたもの

ダウンロード

広報用画像一覧

広報用画像データ申込書

平成27年5月7日・8日に登閣証明書を配布します!
※配布は終了しました

大阪城天守閣は、平成27年5月7日(木)と5月8日(金)の2日間にお越しの先着5,000名の方に、登閣証明書を配布します。この登閣証明書は、慶長20年(1615)5月7日の“大坂城落城”、慶長20年(1615)5月8日“「大坂夏の陣」終結”からちょうど400年目となる日に、大阪城天守閣にお越しになったことを記念するカードです。

名称 大阪城天守閣登閣証明書(平成27年5月7日)
登閣証明書紹介 (1)内容
“大坂城落城”〈慶長20年(1615)5月7日〉からちょうど400年目となる日〈平成27年(2015)5月7日〉に大阪城天守閣に登閣したことを、日本語と英語で表記しています。
(2)配布日時
平成27年5月7日(木) 9時~18時 ※なくなり次第終了(3)配布枚数
5,000枚
(4)仕様
サイズ:横135㎜×縦135㎜ 両面印刷
形:兜のシルエット

登閣証明書

名称 大阪城天守閣登閣証明書(平成27年5月8日)
登閣証明書紹介 (1)内容
“「大坂夏の陣」終結”〈慶長20年(1615)5月8日〉からちょうど400年目となる日〈平成27年(2015)5月8日〉に大阪城天守閣に登閣したことを、日本語と英語で表記しています。
(2)配布日時
平成27年5月8日(金)9時~18時 ※なくなり次第終了(3)配布枚数
5,000枚
(4)仕様
サイズ:横110㎜×縦140㎜ 両面印刷
形:高麗橋擬宝珠(大阪城天守閣蔵)のシルエット

登閣証明書

配布場所と配布方法

配布場所 大阪城天守閣館内
配布方法 (1)当日、大阪城天守閣にご入館された方おひとりに1枚ずつお渡しします(各日先着5,000名)。
(2)登閣証明書は無料ですが、天守閣館内で配布しますので別途入館料がかかります。

入館料:大人600円
※中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料

「大坂夏の陣」について 慶長20年(1615)5月7日、天王寺口・岡山口にて「大坂夏の陣」最後の決戦が行われました。真田幸村をはじめとする豊臣方武将の善戦もむなしく、徳川方が勝利し、その日に大坂城は落城しました。

豊臣秀頼・淀殿親子と側近たちは山里丸の焼け残りの倉に潜みましたが、翌8日に自害。ここに豊臣氏は滅び、「大坂夏の陣」は終わったのです。

その他 平成26年12月22日(月)には、慶長19年(1614)12月22日の“「大坂冬の陣」終結”からちょうど400年目となることを記念する、大阪城天守閣登閣証明書(平成26年12月22日)を配布しました。

ダウンロード

広報用画像データ申込書

平成26年12月22日に登閣証明書を配布します!
―“「大坂冬の陣」終結”からちょうど400年目の日―  ※配布は終了しました

大阪城天守閣は、平成26年12月22日(月)にお越しの先着5,000名のかたに登閣証明書を配布します。この登閣証明書は、慶長19年(1614)12月22日の“「大坂冬の陣」終結”からちょうど400年目となる日に、大阪城天守閣にお越しになったことを記念するカードです。

平成26年は「大坂冬の陣」から、平成27年は「大坂夏の陣」から400年という節目の年であることから、大阪城天守閣ではこの両年を「大坂の陣400年」イヤーと位置づけ、様々な事業に取り組んでおります。“「大坂冬の陣」終結”という大変重要な出来事があった日をきっかけとして、さらに多くのかたに「大坂の陣400年」を知っていただき、この記念の年を盛り上げていきたいと考えています。

名称 大阪城天守閣登閣証明書(平成26年12月22日)
登閣証明書紹介 (1)内容
“「大坂冬の陣」終結”〈慶長19年(1614)12月22日〉からちょうど400年目となる日〈平成26年(2014)12月22日〉に大阪城天守閣に登閣したことを、日本語と英語で表記しています。
(2)仕様
サイズ:横185mm×縦101mm 両面印刷
形:城の屋根のシルエット

(3)配布枚数
5,000枚
登閣証明書

配布日時 平成26年12月22日(月) 9時~
※なくなり次第終了
配布場所 大阪城天守閣
当日、大阪城天守閣にご入館されたかた、おひとりに1枚ずつお渡しします(先着5,000名)。
登閣証明書は無料ですが、天守閣館内で配布しますので別途入館料がかかります。
登閣証明書
今後の配布予定
◆平成27年5月7日(木)
…“大坂城落城”〈慶長20年(1615)5月7日〉から400年目
◆平成27年5月8日(金)
…“「大坂夏の陣」終結”〈慶長20年(1615)5月8日〉から400年目
「大坂冬の陣」について 「大坂冬の陣」は、慶長19年(1614)10月1日、京都方広寺鐘銘事件をきっかけに起こりました。徳川方の大軍勢が大坂に押し寄せ、豊臣方は大坂城にて籠城。鴫野・今福、野田・福島、真田出丸など、要衝の地で攻防戦が行われ、また一方では両軍の情報攪乱による心理戦も行われました。なかなか勝負がつかない状態の中、ついに12月22日、講和が成立しました。

ダウンロード

広報用画像データ申込書

「大阪城カレンダー2015」ができました!
※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

大阪城天守閣では、「大坂の陣400年」をPRするカレンダーを制作し、このほど完成いたしました。これを記念し、カレンダーを100名様にプレゼントします。応募はハガキによる申込みで、応募締め切りは平成26年12月10日(水)です。

応募方法 ハガキに、郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入の上、下記住所までお送りください。
〒540-0002 大阪市中央区大阪城1番1号
大阪城天守閣「カレンダープレゼント」係大坂の陣カレンダー
応募締め切り 平成26年12月10日(水) 当日消印有効
・同一人の重複応募はできません。
・応募多数の場合は抽選します。
・結果発表はカレンダーの発送をもって代えさせていただきます。
・カレンダープレゼントの募集にあたって収集した個人情報は、カレンダープレゼントに関する目的のみに使用します。
お問い合わせ 大阪城天守閣 TEL:06-6941-3044(9時~17時)
第2弾ポスター「慶長十九年 冬の陣」を発表、
第1弾ポスター「大坂の陣 開戦前夜」と合わせて販売を開始します!

大阪城天守閣では、この度「大坂の陣400年」を周知するポスター「慶長十九年 冬の陣」を製作いたしました。11月中旬から大阪市内の美術館・博物館や大阪市営地下鉄、私鉄主要駅などに順次掲出いたします。
「大坂の陣400年」を周知するポスターは、冬の陣・夏の陣が起こった季節に合わせて大坂の陣シリーズとして製作しており、今回の「慶長十九年 冬の陣」は、平成26年5月に発表したシリーズ第1弾「大坂の陣 開戦前夜」に続く第2弾となります。なお、大坂夏の陣からちょうど400年となる来年の初夏には第3弾となるポスターをお披露目する予定です。
また、第2弾ポスターの発表・掲出に合わせて、平成26年11月15日(土)より第1弾・第2弾ポスターの販売を開始します。これらの取り組みを通じて、より多くの方に「大坂の陣400年」を知っていただき、この記念の年を一緒に盛り上げていただきたいと考えています。

大阪冬の陣

名称 「慶長十九年 冬の陣」
サイズ B1(背景白)・B2(背景白/背景金)
タイトル
「慶長十九年 冬の陣」について
豊臣方の武将で、大坂五人衆の一人に数えられた後藤又兵衛の勇姿を描いたものです。
大坂冬の陣において、最大の激戦と言われる「鴫野・今福の戦い」での一場面。豊臣方の劣勢に駆けつけた後藤又兵衛は、圧倒的な存在感を示し形勢を逆転させますが、上杉景勝軍の鉄砲隊の攻撃で左腕を負傷しました。
「秀頼公の御運いまだつきず。」とは、負傷した又兵衛が傷は浅手であり、「私の命がある限り、秀頼様が負けることはない」という意味を込めて語った言葉と伝えられています(『徳川実紀』)。
慶長十九年 冬の陣
製作 (1)アートディレクション・デザイン
シルシ(SHIRUSHI DESIGN FACTORY)
http://www.shirushi-design.com/
(2)メインビジュアル(イラスト)
茂本ヒデキチ氏(墨絵アーティスト)
http://www.hidekichi.com/
(3)印刷
岡村印刷工業株式会社(OKAMURA PRINTING INDUSTRIES CO.,LTD.)
http://www.okamura-pic.co.jp/
掲出場所 大阪市立の美術館・博物館、大阪市営地下鉄・私鉄主要駅、ほか(予定)

ポスター販売概要
当初広報用ポスターとして製作し、平成26年5月に発表・掲出をした第1弾ポスター「大坂の陣 開戦前夜」について、「来城の記念にしたいので譲ってほしい」という問い合わせが相次ぎました。そういったお客様の声にお応えし、第2弾の発表・掲出に合わせて、広報用と同じデザインの販売用ポスターを用意し販売を開始することとなりました。

販売開始日 平成26年11月15日(土)
販売場所 大阪城天守閣1階ミュージアムショップ※通信販売や発送は行わず、店頭販売のみとなります。
販売価格 1枚800円(税込)
販売枚数 第1弾「大坂の陣 開戦前夜」… 1,000枚(背景白・背景金各500枚)
第2弾「慶長十九年 冬の陣」… 1,000枚(背景白・背景金各500枚)
デザイン 第1弾・第2弾の広報用ポスターと同絵柄で「開館時間・入館料案内」の文言を除いたもの。ポスター見本
お問合わせ 大阪城天守閣http://www.osakacastle.net
【住所】〒540-0002 大阪市中央区大阪城1番1号【TEL】06-6941-3044 【FAX】06-6941-2197

ダウンロード

広報用画像一覧

広報用画像データ申込書

「大坂の陣【読本】二巻」を発行、天守閣館内で配布します!
※配布は終了しました

大阪城天守閣では、大坂の陣について簡単に紹介したガイドブック「大坂の陣【読本】二巻」を発行し、平成26年11月2日(日)から配布を開始します。
第2弾となる「大坂の陣【読本】二巻」は、慶長19年(1614)10月に始まり同年12月に豊臣と徳川の講和をもって終了した「大坂冬の陣」に焦点をあてています。【読本】を片手に、ちょうど400年前のこの時期に繰り広げられていた「大坂冬の陣」に思いを馳せてみませんか。

名称 大坂の陣【読本】二巻
【読本】紹介 (1)内容
「大坂冬の陣」で活躍した武将や、代表的ないくさの舞台となった地域をマップ付で紹介したフリーペーパーです。
(2)仕様
297mm×105mm(ジャバラ折り・全10ページ) シール留め
(3)発行部数
5,000部
配布場所 大阪城天守閣 1階案内所・5階案内所・2階事務所
配布開始予定日 平成26年11月2日(日)
その他 平成25年9月に発行した「大坂の陣【読本】」第1弾は配布を終了しております。

ダウンロード

広報用画像データ申込書

大坂の陣400年をPRするピンバッジができました!50名様にプレゼント!
※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

大阪城天守閣では、「大坂の陣400年」をPRするピンバッジを制作し、このほど完成いたしました。これを記念し、ピンバッジを50名様にプレゼントします。応募はハガキによる申込みで、応募締め切りは平成26年7月31日(木)です。

1.「大坂の陣400年ピンバッジ」について

    • (1) いざ、タイムスリップ!バージョン
      縦22mm×横30mm×厚さ10mm
      (台紙付きサイズ縦55mm×横52mm)
      バタフライ型クラッチ

    • 大阪城天守閣ピンバッジ

    • (2) のぼりバージョン
      縦15mm×横35mm×厚さ10mm
      (台紙付きサイズ縦55mm×横52mm)
      バタフライ型クラッチ

    • 大阪城天守閣ピンバッジ

  • 大阪城天守閣ピンバッジ

2.「大坂の陣400年ピンバッジ」プレゼントについて

「大坂の陣400年ピンバッジ」を、各デザイン25名様ずつ合計50名様にプレゼントします。

応募方法 ハガキに、郵便番号・住所・氏名・電話番号・希望するピンバッジの番号
[(1)いざ、タイムスリップ!(2)のぼり のどちらか]を記入の上、下記住所までお送りください。
〒540-0002 大阪市中央区大阪城1番1号
大阪城天守閣「ピンバッジプレゼント」係
大坂の陣ピンバッジ応募
応募締め切り 平成26年7月31日(木) 当日消印有効
・同一人の重複応募はできません。
・応募多数の場合は抽選します。
・結果発表はピンバッジの発送をもって代えさせていただきます。
・ピンバッジプレゼントの募集にあたって収集した個人情報は、ピンバッジプレゼントに関する目的のみに使用します。
お問い合わせ 大阪城天守閣 TEL:06-6941-3044(9時~17時)

ダウンロード

広報用画像データ申込書

「大坂の陣【読本】1.5」を発行します!!
※配布は終了しました

平成25年9月に発行し、ご好評をいただきました「大坂の陣【読本】1」の続編で、大坂の陣について簡単に解説したフリーペーパーです。「大坂の陣【読本】1.5」では、大坂冬の陣が起こるに至った経緯を、イラストとともにご紹介しています。
なお、大坂冬の陣からちょうど400年となる平成26年11月に、1・1.5に続く「大坂の陣【読本】2」を発行する予定です。

発行日 平成26年7月20日(日)
形状 縦205mm×横205mm(展開サイズ:縦205mm×横410mm)
2つ折り・両面印刷
発行部数 15,000部
配布場所 大阪城天守閣館内、大阪市立の美術・博物館 ほか

・「大坂の陣【読本】1.5」は無くなり次第終了となります。
・「大坂の陣【読本】1」は平成25年11月10日(月)をもちまして配布を終了しております。

大阪の陣読本1.5

大阪城天守閣リーフレットのデザインが新しくなります!-9年ぶりのリニューアル-

大阪城天守閣は、天守閣館内等で配布を行っているリーフレットのデザインを一新し、平成26年6月10日(火)から新しいリーフレットの配布を開始します。

大阪城天守閣は、大阪観光の拠点、大阪のランドマークというだけでなく、第一級の歴史資料・美術資料を数多く収蔵する歴史博物館でもあります。そのため、リーフレットの「顔」となる表紙には、大阪城天守閣であることが一目でわかる外観とともに、当閣が誇る収蔵品のなかから選りすぐった5点の画像を、5ヶ国語版(日本語・英語・韓国語・中国語簡体字・中国語繁体字)それぞれに配しました。
また、子ども用リーフレットの表紙には、可愛らしいお城のオリジナルイラストをあしらい、楽しくご覧いただけるような内容にしております。
大阪城天守閣を訪れた旅の思い出とともにご自宅まで持ち帰り、いつまでも大切にしていただけるようスタンプ欄も設けました。

配布場所 (1)大阪城天守閣館内
(2)リーフレット設置協力施設(ビジターズインフォメーションセンターなど)
※リーフレット設置にご協力くださる場合は「リーフレット送付依頼書」を大阪城天守閣あてファックス(06-6941-2197)にてお送りください。
配布開始予定日 平成26年6月10日(火)※設置協力施設へは6月10日(火)以降発送開始
仕様 縦198mm×横100mm (展開サイズ:縦198mm×横400mm) 両面印刷

(1)表紙

  • リーフレットリニューアル

    日本語
    秋草文彩画団扇

  • リーフレットリニューアル

    英語
    重要美術品 扇面三国図

  • リーフレットリニューアル

    韓国語
    秋草文蒔絵硯箱

  • リーフレットリニューアル

    中国語簡体字
    富士御神火文黒黄羅紗陣羽織

  • リーフレットリニューアル

    中国語繁体字
    金銀象嵌南蛮兜

  • リーフレットリニューアル

    子ども用
    大阪城天守閣イラスト

(2)内部

(3)裏面

裏面には、スタンプ欄を設けました。

ダウンロード

リーフレット送付依頼書

広報用画像データ申込書

大坂の陣400年記念スタンプ

リーフレットのリニューアルに合わせて、大坂の陣400年記念スタンプを作成しました。「大坂の陣400年」の期間だけ、大阪城天守閣館内でしか押すことができない限定スタンプです。新しいリーフレットとともに、皆様の思い出の1ページに加えてください。

名称 大坂の陣400年記念スタンプ
設置場所 大阪城天守閣2階スタンプコーナー
※スタンプのご利用は無料ですが、天守閣入館料が別途かかります。
設置期間 平成26年6月10日(火)~平成27年12月27日(日)
  • 大坂の陣400年記念スタンプ
    (イメージ)

  • リーフレットと記念スタンプ
    (イメージ)

「大坂の陣 開戦前夜」ポスターを発表します!

「大坂の陣 開戦前夜」ポスターができました!平成26年5月下旬から大阪市内の美術・博物館や大阪市営地下鉄・私鉄主要駅などに順次掲出します。ポスターによって、より多くの皆様に「大坂の陣400年」を知っていただき、この記念の年を一緒に盛り上げていただきたいと思っています。
「大坂冬の陣」は慶長19年の10月に起こりました。ちょうど400年前の今頃は、「間もなく戦が始まるのではないか」という、不穏な空気が日本国内に渦巻いていたという想定で、タイトルは「開戦前夜」と銘打ちました。
また、ポスター右上の「諸浪人馳せ参ずる事、その数を知らず」との文言は、当時の大坂城の様子を、京都所司代板倉勝重が徳川家康に報告をしたもので、家康の動静を中心に記された『駿府記』から抜粋しました。多くの浪人が大坂城に続々と集結している様子をよく伝えています。
なお、「大坂冬の陣」からちょうど400年となる今年の冬と、「大坂夏の陣」からちょうど400年となる来年の初夏に、今回の続編となるポスターをお披露目する予定です。こちらもどうぞご期待ください。

ポスター

名称 「大坂の陣 開戦前夜ポスター」
サイズ B1(背景白)・B2(背景白/背景金)
製作 (1)アートディレクション・デザイン
シルシ(SHIRUSHI DESIGN FACTORY)
http://www.shirushi-design.com/
(2)メインビジュアル(イラスト)
茂本ヒデキチ氏
http://www.hidekichi.com/
(3)印刷
岡村印刷工業株式会社(OKAMURA PRINTING INDUSTRIES CO.,LTD.)
http://www.okamura-pic.co.jp/
提出場所 大阪市立の美術・博物館、大阪市営地下鉄・私鉄主要駅、ほか(予定)
大阪市立中央図書館に「大坂の陣400年」の関連図書が展示されます!

大阪市立中央図書館が「大阪城天守閣・大坂の陣400年プロジェクト」に参加します。平成27年5月までの間、大坂の陣に関連する図書が継続して展示されます。
キックオフ企画としまして、大坂の陣とその戦いに参戦した武将たちに関連した図書の展示が始まります。大坂の陣を、知って、学んで、楽しめる企画のひとつです。ぜひご利用ください。

開催場所 大阪市立中央図書館 3階 エレベーター前展示スペース
タイトル 「開戦前夜 戦国の武将たち」展
開催日時 平成26年5月16日(金)~8月20日(水) 予定
「大坂の陣【読本】」配布スタート!
※おかげさまで11月10日(月)をもって、配布を終了しました。

慶長19年(1614)、翌20年(1615)年に起こった『大坂冬の陣』『大坂夏の陣』について、ごくごく簡単に紹介した歴史ビギナーにおすすめのガイドブックです。
『大坂の陣』ゆかりの地や大阪城周辺のおすすめスポットを紹介する「おさんぽマップ」つき。
“大坂の陣【読本】”は、平成25年9月2日(月)より、大阪城天守閣にご来館いただいた方で、ご希望の方に無料でお渡しいたします(なくなり次第終了)。

配布場所

『大阪城カレンダー2014』ができました!※プレゼント期間は終了しました。

「大坂の陣」から400年の節目の年であることを皆様にご紹介し興味を持っていただこうと、『大阪城カレンダー2014』をつくりました。「大坂の陣」や大阪城に関する記念日がたくさん載った完全オリジナル品です。
『大阪城カレンダー2014』は、大阪城天守閣におきまして、ただいま開催中の特別展「大阪城はこの姿-戦災からの復興、整備、そして未来へ-」の図録を、平成25年11月2日(土)から11月24日(日)までの期間中にご購入いただいた方にプレゼントいたします。

大坂の陣400年の幟
大坂の陣
桃山時代に流行した片身替りをモチーフにしたデザインで、豊臣家の桐紋と徳川家の葵紋を配し、上から下へと豊臣家の勢力が徐々に弱まり、逆に徳川家の勢力が強大化していくさまを表現しました。桐紋は大坂城跡から出土した金箔瓦、葵紋は徳川家康所用の陣羽織に用いられているものを使用しました。中央部には大阪城天守閣所蔵の重要文化財「大坂夏の陣図屏風」に描かれた兵士たちの姿をシルエットであしらっています。大坂の陣

ページTOP