北川央 大阪城天守閣館長に「九度山・真田ミュージアム名誉館長」の称号が授与されました

 IMG_0639

 

大阪城天守閣館長の北川央に対し、本年4月1日付で和歌山県九度山町から「九度山・真田ミュージアム名誉館長」の称号が授与され、去る4月25日に同町の岡本章町長から授与書が手渡されました。

 

九度山・真田ミュージアムは、関ヶ原合戦後、九度山に蟄居し、その後大坂冬の陣・夏の陣で豊臣方として活躍した真田幸村とその父昌幸の生涯、また父子の活躍ぶりを展示する資料館で、平成18年3月13日にオープンしました。開館にあたっては北川館長が全面的に展示の監修を行ないました。また北川館長はこれまで九度山町でたびたび講演を行ない、同町で開催される事業にも企画協力を行なってきました。「名誉館長」の称号はそうした功績を称えて贈られたものです。

ページTOP