3階 企画展示 「水の都」大坂の幕末

3階企画展示「水の都 大坂の幕末」

幕末といえば、打ち続く災害や社会の混乱に人々は絶えずおびえていたと思われがちです。しかし大坂の人々は、そうした中にあっても生業に励み、風景や賑わいを愛し、楽しく暮らそうとしました。本展では「水の都」とも呼ばれた江戸時代大坂の景観をあらわす資料を紹介するとともに、幕末の錦絵などを通じ、当時の人々の暮らしぶりを振り返ります。

 

◆主な展示品

・大坂市街図屏風(個人蔵)

大坂市街図屏風(部分)

 

・錦絵「浪花百景」の内 川崎ノ渡シ月見景 芳雪画(大阪城天守閣蔵)

錦絵「浪花百景」の内 川崎ノ渡シ月見景 芳雪画

 

・錦絵「浪花百景」の内 心斎橋通初売之景 初代長谷川貞信画(大阪城天守閣蔵)

錦絵「浪花百景」の内 心斎橋通初売之景 初代長谷川貞信画

 

開催日時 平成29年1月27日(金)~3月15日(水)
開催場所 大阪城天守閣 3階展示室

ページTOP