大阪城天守閣


3階 常設展 「戦国武将とその戦い」

小早川隆景木像

小早川隆景木像

 

戦国時代には、全国各地に大名や武将が群雄割拠し、多くの戦争が繰り広げられましたが、やがて織田信長の出現により、天下統一に向かって急速に進み始め、彼の後継者たる豊臣秀吉によって遂に戦国の世に終止符がうたれました。

しかし、これにより戦争が終わったわけではなく、秀吉は二度の大陸出兵を敢行し、秀吉死後には関ケ原合戦、そして大坂冬の陣、夏の陣が勃発します。

今回の展示では、大阪城天守閣の収蔵品の中から、主だった戦争とこれにかかわった戦国大名・武将の資料を選び出し、ご覧いただきます。

 

◆おもな展示

小早川隆景木像

武田信玄配陣図屏風

 

 

開催日時 平成26年11月26日(水)~平成27年1月21日(水)
開催場所 大阪城天守閣 3階展示室

ページTOP