大阪城天守閣


第2弾ポスター「慶長十九年 冬の陣」を発表、 販売を開始します!

1_広報用慶長十九年冬の陣(背景白)

2_広報用慶長十九年冬の陣(背景金)  文言

 

大阪城天守閣では、この度「大坂の陣400年」を周知するポスター「慶長十九年 冬の陣」を製作いたしました。11月中旬から大阪市内の美術館・博物館や大阪市営地下鉄、私鉄主要駅などに順次掲出いたします。
「大坂の陣400年」を周知するポスターは、冬の陣・夏の陣が起こった季節に合わせて大坂の陣シリーズとして製作しており、今回の「慶長十九年 冬の陣」は、平成26年5月に発表したシリーズ第1弾「大坂の陣 開戦前夜」に続く第2弾となります。なお、大坂夏の陣からちょうど400年となる来年の初夏には第3弾となるポスターをお披露目する予定です。
また、第2弾ポスターの発表・掲出に合わせて、平成26年11月15日(土)より第1弾・第2弾ポスターの販売を開始します。これらの取り組みを通じて、より多くの方に「大坂の陣400年」を知っていただき、この記念の年を一緒に盛り上げていただきたいと考えています。

 

名称:「慶長十九年 冬の陣」

サイズ:B1(背景白)・B2(背景白/背景金)

タイトル
「慶長十九年 冬の陣」について:豊臣方の武将で、大坂五人衆の一人に数えられた後藤又兵衛の勇姿を描いたものです。
大坂冬の陣において、最大の激戦と言われる「鴫野・今福の戦い」での一場面。豊臣方の劣勢に駆けつけた後藤又兵衛は、圧倒的な存在感を示し形勢を逆転させますが、上杉景勝軍の鉄砲隊の攻撃で左腕を負傷しました。
「秀頼公の御運いまだつきず。」とは、負傷した又兵衛が傷は浅手であり、「私の命がある限り、秀頼様が負けることはない」という意味を込めて語った言葉と伝えられています(『徳川実紀』)。

製作:(1)アートディレクション・デザイン
シルシ(SHIRUSHI DESIGN FACTORY)
http://www.shirushi-design.com/
(2)メインビジュアル(イラスト)
茂本ヒデキチ氏(墨絵アーティスト)
http://www.hidekichi.com/
(3)印刷
岡村印刷工業株式会社(OKAMURA PRINTING INDUSTRIES CO.,LTD.)
http://www.okamura-pic.co.jp/

 

掲出場所:大阪市立の美術館・博物館、大阪市営地下鉄・私鉄主要駅、ほか(予定)

 

 

ポスター販売概要
当初広報用ポスターとして製作し、平成26年5月に発表・掲出をした第1弾ポスター「大坂の陣 開戦前夜」について、「来城の記念にしたいので譲ってほしい」という問い合わせが相次ぎました。そういったお客様の声にお応えし、第2弾の発表・掲出に合わせて、広報用と同じデザインの販売用ポスターを用意し販売を開始することとなりました。

販売開始日:平成26年11月15日(土)

販売場所:大阪城天守閣1階ミュージアムショップ※通信販売や発送は行わず、店頭販売のみとなります。

販売価格:1枚800円(税込)

販売枚数:第1弾「大坂の陣 開戦前夜」… 1,000枚(背景白・背景金各500枚)
第2弾「慶長十九年 冬の陣」… 1,000枚(背景白・背景金各500枚)

デザイン:第1弾・第2弾の広報用ポスターと同絵柄で「開館時間・入館料案内」の文言を除いたもの。

 

 

開催日時 平成26年11月15日~平成27年10月30日
開催場所 大阪城天守閣

ページTOP