大阪城天守閣


「迎春イベント」を開催します―ちょろけん、再び登場―

2_ちょろけんと大坂の陣400年のぼり(参考画像)

大阪城天守閣は、平成2712日(金)から13日(土)の2日間、「迎春イベント」を開催します。

 

平成26年は「大坂冬の陣」から、平成27年は「大坂夏の陣」から400年という節目の年であることから、大阪城天守閣ではこの両年を大坂の陣400年イヤーと位置づけ、春・夏・秋・冬の四季のイベントを通じ、秀吉没後の豊臣家の実像や「大坂の陣」という戦いの意味をあらためて考えるとともに、広く大阪城の歴史や大阪の伝統・文化に触れてもらい、“歴史の舞台”としての大阪城を再認識していただこうと思っています

 

この冬のイベントでは、平成26年お正月の登場から人気沸騰の復活門付芸「ちょろけん」が再び登場します。また、「大坂冬の陣」終結直後の大坂城の様子を、歴史再現シアター「慶長二十年正月の城中風景」としてお送りします。

記念すべき年である平成27年の幕開けを、大阪城でお過ごしください。

 

1.開催概要

1期間   平成2712日(金)~13日(土) ※雨天中止

2時間   11時~15

3場所   大阪城天守閣前本丸広場

4料金   無料 ただし、天守閣入館の際は入館料が必要

大人600円 中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料

 

2.イベント内容

◆ちょろけん登場

江戸時代、大坂や京都で正月に行われていた門付芸のひとつが「ちょろけん」です。明治時代に入ってすたれましたが、昭和の初めに、上方文化研究者の南木芳太郎氏を中心とする上方郷土研究会によって復活が試みられ、昭和8年(1933)の大阪商工祭などで披露されました。今回登場する「ちょろけん」は、その頃撮影された古写真をもとに大阪城天守閣が平成の世に復活させたものです。

※門付芸(かどづけげい)…家々をめぐって諸芸を披露する日本の大道芸の一種

時間:(111時~/(21330分~

料金:無料

申込:不要

1_ちょろけん(前回の様子)    3_上方郷土研究会が復興したちょろけん

     ちょろけん(前回の様子)         上方郷土研究会が復興したちょろけん

                       (昭和7・8年頃撮影)〈大阪城天守閣所蔵古写真〉

 

 

◆羽根つき体験

来城者体験プログラムです。お正月にふさわしい羽根つきをお楽しみください。

時間:(11130分~/(214時~

料金:無料

申込:不要

4_羽つき体験(前回の様子)

羽根つき体験(前回の様子)

 

 

◆歴史再現シアター「慶長二十年正月の城中風景」

慶長19年(161412月末、およそ1ヶ月におよぶ「大坂冬の陣」が終結し、講和がなされました。

年が明け、慶長20年(1615)正月。新たな年を迎えての祝宴が催され、能などに打ち興じる大坂城中の風景や、先が見えない中での近臣衆の会話を織り込み、歴史再現シアターとしてお送りします。

時間:(112時~/(21430

料金:無料

申込:不要

5_慶長二十年正月の城中風景(参考画像)

歴史再現シアター「慶長二十年正月の城中風景」(参考画像)

 

◆その他

2日間とも同一プログラムです。

・イベント内容は予告なく変更または中止になる場合がございます。

雨天の場合は中止いたします。天候不良の際は大阪城天守閣までお問い合わせください。

・イベントの詳細はホームページにも記載いたします。

 

 

開催日時 平成27年1月2日(金)~1月3日(土) 11:00~15:00 ※雨天中止
開催場所 大阪城天守閣前本丸広場

ページTOP